眼鏡に関する事は京都の眼鏡ショップコイデ光学に相談ください!認定眼鏡士のいる眼鏡屋です。|コンタクトレンズの度数進行について

新着情報

コンタクトレンズの度数進行について

2017/04/06

コンタクトレンズも眼鏡も度数進行はたいさない。

 

遠方が見える為の専用度数にして視力1.0~にしていますね。

 

近くを見る時は、自力で目の筋肉(毛様体筋)で水晶体(レンズ)を

 

圧縮してレンズ度数を増やし近点にピントが合う用にします。

 

視力1.0~の度数で近点を長時間見ると、眼精疲労を起こしても

 

毎日継続しますと、人によっては・頭痛・肩こり・がでることも。

 

それでも毎日・目は自力で筋トレをしています。

 

毎日(近点)を1日に5~8時間は見ている人は、近視進行の確認!

 

目の筋肉(毛様体筋)の耐久性を考えましょう。

 

例)毎日・目の筋トレを8~時間を6カ月しました、結果は近視度数が進行して、

      眼球が大きく成長するには、適度な疲労と多くの血液・栄養が必要です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    

                             【 コンタクトの近視抑制 】

 

(コスト・高) 遠近両用コンタクト(はじめての人は、弱度からする、でも不快感・頭の中で 

                        の 経験不足でなれる前にあきらめて、使用しない場合も。個人差。

 

(コスト・低) 1)コンタクト視力1.0~で近点をみています。

 

30~40歳以上のレンズ【水晶体】がだんだんと硬くなり

 

(老化による、経年変化)で目の度数調節ができなくなり

【度数範囲】

 

→ S+0.25 +0.50 +0.75 +1.00

→ S+1.25 +1.50 +1.75 +2.00

→ S+2.25 +2.50 +2.75 +3.00

→ S+3.25 +3.50 +3.75 +4.00

上記の度数を自力でレンズを圧縮して近点を見ていた。  

 

その度数をメガネを使い目が楽になります。

 

楽する事が、眼精疲労や近視進行の予防です。

 

視力0.8~0.6で中~近点専用を選びます。

 

                        2)コンタクト度数を中近距離用で視力0.9~0.7にします。

コンタクトの上に眼鏡で視力1.0~1.2に調整して視力を出す。

 

                              ただし、年齢・使用時間・左右の視力と度数バランス・の確認が必要

 

                     

 

 

 

«一覧へ戻る

お問い合わせ

京都市のメガネショップ

コイデ光学
〒601-8036
京都府京都市南区東九条松田町48 ライム21 1F

京都市の眼鏡屋・眼鏡ショップならコイデ光学にお越しください。皆様にぴったりの眼鏡をお探しいたします。

  • tel:075-661-1667

ページの先頭へ