眼鏡に関する事は京都の眼鏡ショップコイデ光学に相談ください!認定眼鏡士のいる眼鏡屋です。|眼鏡学校の教材へ

新着情報

眼鏡学校の教材へ

  • 眼鏡学校の教材へ

2017/05/08

眼鏡学校への教材です。

 

目の模型原寸サイズです。

 

だれもが、一目で理解できます。

 

新生児は身体全部が小さいので可愛いですね。

 

16mm (新生児) 【遠視眼】

18mm  (0歳)

20mm (1円サイズ) 平均1歳

21mm     (50円サイズ) 平均2歳 

22mm (5円サイズ) 平均3歳 

22.5mm   (100円サイズ)

23mm 【遠視眼】    平均4歳 

23.5mm(10円サイズ)       

24mm 【正視眼】    平均5歳(視力1.0~)

24.1mm【近視眼】

24.3mm(度数-1.00)個人差で視力0.8前後

25mm (度数-3.00)個人差で視力0.4前後

26mm (度数-6.00)個人差で視力0.1前後

26.5mm(500円サイズ)

 

1)眼球を大きく成長させない為に。

 

毎日仕事や勉強や遊びでパソコン・スマホ・ゲームなどで

 

30cm前後の距離を30分以上見て継続している方。注意!

 

若くても毎日すれば、眼精疲労(筋肉疲労)で疲れます。

 

目のレンズ水晶体を毛様体筋(筋肉)で圧縮して

 

レンズを厚くします、近点30Cmピント合せします

 

見ている間はず~と圧縮で筋トレの状態です。

 

眼球(強膜)白目部分が成長しては困ります。

 

そこで目のレンズ(水晶体)が厚く成った度数と同じ度数を

 

【メガネレンズで助けます】

 

目は当然楽して近点が見えます、筋トレをしなくてすみます。

 

ただ、いままでの習慣で自分で圧縮のくせが、ありますので、

 

少しずつ練習が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

«一覧へ戻る

お問い合わせ

京都市のメガネショップ

コイデ光学
〒601-8036
京都府京都市南区東九条松田町48 ライム21 1F

京都市の眼鏡屋・眼鏡ショップならコイデ光学にお越しください。皆様にぴったりの眼鏡をお探しいたします。

  • tel:075-661-1667

ページの先頭へ