眼鏡に関する事は京都の眼鏡ショップコイデ光学に相談ください!認定眼鏡士のいる眼鏡屋です。|【近視の進行は目の使い方】

新着情報

【近視の進行は目の使い方】

2018/01/15

近視眼になる前は、みんな良い目で(正視眼)眼球サイズ24mm(視力1.0~)でした

このサイズ超えて、成長して近視眼、

24.3mmで約(-1.00度数)

24.6mmで約(-2.00度数)

25.0mmで約(-3.00度数)で、目の網膜が伸びてしまうと、ピンボケで視力が下がります。

 

メガネ・コンタクトレンズで視力を1.0~にしますね。

遠方専用度数ですよ。

 

なのにみなさん、スマホ・パソコン・学習・読書などの、近くをみていますね。

長い時間で連続で毎日、継続しています。

 

眼精疲労は(筋肉疲労)ですよ(毛様体筋)の使いすぎです。

 

ここが一番進行する目によくない事です。

 

なぜかわかりますか???。

 

こどものころ、視力1.0~の時も、現在メガネ・コンタクトで視力1.0~も同じですね。

同じ事の繰り返しです。

 

本来ならば、必要としない、遠用のメガネ・コンタクト使う事になっています。

 

本当に必要な、学習メガネを子供時からしていば良かったのに。

 

今からでも、始めて見ましょう、効果を感じられます。進行止まれ。

 

¥3000~です。

 

個人差はありますが,度数を月~数ヶ月に0.25D下がる人もいます。

 

進行が止まれば、良いと思いませんか。

 

店頭で効果を感じてください。

 

【 大きな一歩 】

 

 

«一覧へ戻る

お問い合わせ

京都市のメガネショップ

コイデ光学
〒601-8036
京都府京都市南区東九条松田町48 ライム21 1F

京都市の眼鏡屋・眼鏡ショップならコイデ光学にお越しください。皆様にぴったりの眼鏡をお探しいたします。

  • tel:075-661-1667

ページの先頭へ